通販【激安価格】比較navi | キャンペーン・オンラインニュース

動物病院の選び方で気をつけるべきことは?

動物病院を選ぶというのはとても迷うものです。大切なペットの命を預ける場所ですから当然です。

では、動物病院を選ぶ時、どんな事を重視していますか?

 

多くの飼い主さんが家の近くにの動物病院を選ぶ場合が多いと思います。確かに、それも1つの大切な要素です。

かかりつけの動物病院が家の近くにあるという事は、いつどんな時ペットに異変が起こってもすぐに駆け込めるので安心です。もちろん、予防接種などの基本的な治療の場合には近所の動物病院でも良いでしょう。

しかし、大切なのはその動物病院に他の動物病院とのパイプがあるかどうか、という事なんです。

 

動物病院というのは、基本的にはどんな症状も1人から2人の獣医師で診察します。そのため、知識の深いものもあれば浅いものもあるんです。人間の病院では、内科・外科といったように各部位ごとに病院も分けられています。

しかし、すべての病気を治療しなくてはならない獣医師は、自分の不得意な症状である場合、その症状を得意とする他の動物病院を紹介する義務があります。しかし、無理をしてでもすべて自分一人で行おうとする獣医師も少なくないんです。

 

それは患者であるペットにとって何のメリットもありません。なにより、動物の事を考えれば確実に治療できる動物病院に任せるのが当然なんです。


犬や猫に去勢・避妊手術を受けさせるべきか?

犬や猫といったペットに去勢・避妊手術を受けさせるべきか、これは非常に難しい問題です。妊娠しても対処できない、でも健康なペットの体を傷つけることは可哀想・・と悩む飼い主さんを、私も随分見てきました。

避妊・去勢手術のメリットとデメリットを把握し、良く考えて結論を出すしかないのでしょうね。

実は、最近「ペットに長生きをさせたいから」という理由で避妊・去勢手術を受けさせる人が増えています。手術を受ければ前立腺や乳房、子宮卵巣などホルモンに関係する臓器の病気を防ぐことができるからです。これらの病気で苦しむペットを見なくて済むというのは大きなメリットです。

一方、手術そのもののリスクや術後どうしても肥満になりやすいというデメリットもあります。避妊・去勢手術は良くも悪くもペットの体に大きな影響を与えるのです。

ですから、手術をお願いする獣医さん選びには慎重になるべきです。家から近いこともポイントですが、ペットの体を丁寧に診てくれる獣医さん、ペットの健康状態や治療方法を分かり易く教えてくれる獣医さんであることが重要です。

実際に接してみて「この獣医さんはどうも信頼できない」と思ったら、積極的に他の病院に行ってみましょう。安心してペットを任せられる獣医さんであれば手術の不安も解消できますし、何かあった時に相談もしやすいです。

妥協せず、ペットにとって一番の獣医さんを見つけてくださいね。


ペットのための動物病院の選び方と病気の予防

・ペット病院について

人間が病気にかかったときには病院に行くのが当たり前ですが、最近ではペットの場合も同様になっています。

「大切なペットには長生きして欲しい」というのが、飼い主みんなの願いでしょう。

ペット病院はそれをサポートするために存在しています。

業務内容としては一般の病院とさして変わらず、各種検査(俗に言うワンニャンドッグ)や感染症予防のワクチン接種を行い、病気のペットには治療を施します。

 

・病気の予防のために

人間同様、ペットの場合も病気の予防・早期発見が大切です。

最近では生活習慣から病気になるペットも少なくないので、屋内飼いであっても適度の運動をさせ、与える食事の量にも気を遣いましょう。

病気の早期発見のためには、ペットとのスキンシップがかかせません。

ペットのことをよく見てよく触って、いつもと違うところがないかどうかチェックしましょう。

それでも全ての病気をフォローすることは不可能ですので、最低でも年に一度はペット病院で検査を受けさせることをお勧めします。

 

・ペット病院の選択に関して

定期検診・ワクチン注射・去勢/避妊手術等の簡単なものであれば、最寄りのペット病院で十分ですが、難しい手術になると獣医師の得手不得手や設備の充実度などが影響してきます。

また、料金設定も各病院で大きく異なっているのが現状です。

ペット病院の選択はよく考えて行いましょう。

とはいえ、外からでは判断しきれない部分もありますので、まずは気軽に相談に行ってみると良いかと思います。


犬・猫のための動物病院の選び方

ペットを飼う上で絶対に避けられないもの・・・それは病気や怪我。そして必ずお世話になるのが獣医さんです。

ペットを飼う事になったら、まず探さなければならないのは犬猫のための動物病院です。

どんな動物病院を選べばよいでしょう?

まず、家の近くの犬猫病院をチェックしましょう。近所の人に聞くのも一つの手です。獣医さんとの相性もありますので、いくつか行ってみても良いでしょう。

ただ、ペットが急病になり、家の近くの犬猫病院で対処できない場合もあり得ますので、その時に備えて施設が整い、獣医さんやスタッフが多く、医療設備も充実している、夜間診療・年中無休等の、大きな犬猫病院もチェックしておきましょう。

 

犬猫病院の診察

問診、視診、触診、聴診、検温、身体検査が主な診療内容な所が多いでしょう。

通常の診察で治療が不可能な場合は、入院や時には手術する事もあります。

 

それから大切なのは定期健診です。

定期検診で早期に病気が発見されれば、治療も早く、死亡率の高い病気でも治癒が可能です。

病気も小さいうちに治療できれば、かかる費用も時間も少なく済みますね。

大切なペットを健康で長生きさせるには、年1度犬猫病院での定期検診は忘れずに行いましょう。

 

ペットのしつけについて

犬の祖先はオオカミです。元来群れを成す動物なので、家族を「群れの仲間」として見ています。

犬は色々な知性と能力があるので昔から人間のパートナーとして暮らしてきています。

しかし、可愛がりすぎて犬を優位に立たせてしまうと、自分が群れのトップだと思い、言う事を聞かなくなります。

お互いにより良い暮らしをする為にも、しっかりとしつけてあげる必要があります。

 

猫は犬とは違い、自分の必要な時にしか人間には寄り付きません。基本、自由気ままなのです。

むやみに触ろうとすると嫌がれることが多いですよね。

猫は人間の命令を聞く事はほぼないので、そういう性分を分かった上で飼うことが一番です。

但し、基本的なトイレや爪とぎなど、人間にとって困る行動は子猫のうちからしっかりしつけましょう。猫は現行犯時に叱らないと分かりません。中途半端に叱ると猫は何故叱られているのか分からないので、ストレスになってしまいます。

犬も猫も、可愛いからと言って甘やかし過ぎず、「悪い事は悪い」と、きちんとしつけられる飼い主になりましょう。

犬猫病院では、マナ−やしつけについての冊子がおいてある所もあります。

その他にも、しつけ教室など行っている犬猫病院もありますので、色々調べてみましょう。


犬・猫の健康診断で病気の早期発見と予防をしましょう

動物を飼ってくうえで、その動物が病気をすることはなかなか防ぐことが難しい事です。

食欲がなく、痩せてきた・運動を嫌がるようになった・異常にお水を欲しがる・咳をするようになった・小さいイボやしこりがある。

 

このように、動物のが体に異変を起こすことはたくさんあります。気温の変化であったり、季節の変わり目でも風をひきます。

しかし、ただの風邪であれば問題ありませんが、このような症状は大きな病気の前兆である場合も少なくありません。

一緒に暮らす大切な動物の体調の変化にはいち早く飼い主が気付いてあげることが必要です。小さな異変に気付いたらすぐに動物病院に行きましょう。

 

もちろん、小さな異変にいつも気づくことができるのならそれが一番です。しかし、動物が発する体の不調のサインは、とても小さなものでなかなか気づくことが難しい場合も多いんです。だからこそ、定期的な健康診断を受け、病気の早期発見・予防をすることがとても大切なんです。

 

健康診断の料金は基本的に動物病院によって様々ですが、健康診断の内容はほぼ同じです。

問診・身体検査・血液検査・レントゲン検査・ 超音波画像検査などを行い、体の隅から隅までチェックします。

 

普段気づくことのできない病気も、健康診断を行う事で見つけることができますし、食事や運動量なども血液検査からチェックできます。

いつも健康診断を受ける必要はありませんが、高齢になり病気にかかりやすい年齢であれば健康診断を受けるべきです。


犬・猫の狂犬病と予防接種

狂犬病は犬の伝染病で一番恐ろしい病気です。

脳が侵され、凶暴になり周りものや人、飼い主にさえ噛み付きやがて死にいたる病気です。

一度狂犬病を発症してしまうと治療すら出来ずに生存率は0。

 

哺乳類や人間にでも発症して命を落とす最も恐ろしい病気なのです。

ゆえに、狂犬病に感染した動物は人間に感染しないように安楽死させるしか手段がないのです。

 

日本ではほぼ撲滅に近づいていますが、海外ではは発症率が高く、感染した動物に噛まれた人間が命を落としています。

狂犬病は、全ての動物が感染する感染症であり、この予防接種だけは法律で義務付けられている特殊な予防接種なのです。

 

狂犬病の予防接種は動物病院だけではなく、飼い主が住民票を置く、保健所などで予防接種出来るようになっています。

犬猫を飼育されている方は、毎年4月頃に掛かり付けの動物病院や登録している保健所から、狂犬病予防接種のお知らせのハガキが届きます。

 

法律で義務付けられている予防接種のため、ハガキが届いたら速やかに動物病院や保健所などで狂犬病の予防接種を受けます。

違反者には罰則も設けられています。

もし、愛犬が人を噛んだ場合、狂犬病の予防接種を受けてないことが判明したら保健所から安楽死処分を下される可能性があります。

 

愛犬を公園やドッグランなどで遊ばせる時にも、狂犬病予防接種の注射済証明書を提示させる施設がほとんどです。

飼い主としても、自分の愛犬を感染から守るために他の飼い主の犬が予防接種済かどうかが気になります。

 

あなたの大切なペットを飼い主の手で守りましょう。


犬・猫の去勢手術の所要時間

ペットを飼う上で考慮しなくてはならないことの一つに、去勢手術というものがあります。

去勢手術とは、オスの犬や猫などの精巣を取り除くことで生殖機能をなくし、余分な繁殖が発生しないようにするための手術のことを指します。

ただし、場合によっては繁殖しないようにするための手術とは限らず、老年層のペットの疾患を理由に去勢手術をしたり、スプレー行為をなくすことを目的に行われることもあります。

 

去勢手術をした場合、精巣の病などのリスクが少なくなるので、ペットの健康にも影響してきます。

また、外飼いの猫などの場合、他の家の猫と交尾して子供を増やしてしまい、飼い主間のトラブルが発生することもあるので、そういったトラブルの抑止のためにも去勢手術が行われています。

 

去勢手術は費用も手術の所要時間も少なく、手術だからといって身構える必要はさほどありません。

注意としては、手術の説明はしっかりと受けること、疑問があれば質問すること、去勢手術後に異常があればすぐ相談することなどがあります。

 

去勢手術はどの動物病院でも多く行われているため、手術の不備等はほぼ考えられませんが、不安なら評判の良い、熟練した獣医のいる動物病院にて手術してもらうと良いでしょう。


犬・猫の避妊手術は早いほうがリスクは低い

ペットに避妊手術を受けさせるなんて虐待だ、という考えが捨てきれずなかなか手術に踏み切れない飼い主さんも多いかも知れません。でも、放って置けば望まない妊娠・出産をするリスクが高まりますし、発情の度にペットは大きなストレスに悩まされることにもなります。現在は獣医学の発達で、避妊手術がペットの体に与える悪影響は殆どないと言って良い程です。

なるべく早く手術を決断し、獣医さんと受ける時期について相談しましょう。

なるべく早く、と言ったのには理由があります。一般に、犬も猫も第一回目の発情前に避妊手術を受けさせた方がホルモン系の病気に罹患する率が低くなると言われているからです。特に乳腺腫瘍(乳がん)については第一回目発情前に手術を受けたペットの罹患率は0.05%。対して第二回目の発情を終えても手術をしなかった場合は罹患率26%です。もちろん、それ以後も発情を迎える度にリスクは上昇してゆきます。

犬も猫も、第一回目の発情期は生後6ヶ月前後に訪れます。本当に小さな内に避妊手術を受けさせることは、病気の予防にも効果的なのです。

ペットは家族です。しかし、自分で自分の健康管理ができないので飼い主さんがケアしてあげるしかありません。避妊手術は一見痛ましく感じられますが、大事なペットを病魔から守る方法でもあるのです。迷っていないでぜひ手術を受けさせてあげてください。


最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー