通販【激安価格】比較navi | キャンペーン・オンラインニュース

私が一番好きな映画『I am Sam』

主人公のサムは知的障害を持ち、IQは7歳程度です。
一人娘のルーシーと二人で暮らしています。
娘のIQがサムを追い越した時、州のソーシャルワーカーから
サムが1人で子どもを育てる能力が無いと判断されてしまい
2人は引き離されることになりました。
サムは、優秀な弁護士を雇って、裁判に訴えます。
というようなあらすじですが、私はこの映画を見て
子育てする上での、親としての自信とは何か?ということを考えました。
サムは娘が7歳にして既に学力は追い抜かれてしまいます。
けれども、サムは自分を追い越して成長していく娘を誇らしく見つめます。
親として、してあげられないことはたくさんあるけれども
ただ1人の親として、子どもを見つめる眼差しは、愛情に溢れています。
サムのように、障害を持っていなくても、誰もが親として完璧ではない
ということを自覚する瞬間はあるのではないでしょうか。
そんな自分のふがいなさ、限界を自覚しつつ、
自分を超えて成長していく子どもを見守っていく役割が親なのかなと
この映画を見て、考えることができました。
また、この映画のもう一つのメッセージは、誰も1人で子育てはできない
ということだと思います。
あまり詳しく書くとネタばらしになってしまうのであれですが、
サムの周りにはサポーターがたくさん現れます。
子どもを持つ親はもちろん、これから持ちたい人も見ていただきたい映画です。


ちょっと前の朝の連ドラ『ゲゲゲの女房』

何年か前のNHK朝の連続テレビ小説で『ゲゲゲの女房』を見ていました。
その頃、原作本がたくさん書店にならんでいたので、
ドラマが始まる頃に原作本を読みました。
『ゲゲゲの鬼太郎』の作者、水木しげるさんは、結婚してしばらく
たいへんな貧乏生活を送っておられたそうです。
その頃からの生活を水木さんの奥様である武良布枝さんの目を通して書かれた本です。
布枝さんは、水木さんが必死に漫画を書く姿を見て、
全身全霊を込めて努力する姿に感動され、心を打たれたそうです。
その頃の生活は、爪に火を灯すがごときの貧乏な生活で
私はそんな布枝さんのことをすごいなと思っています。
お見合いでご結婚された2人は、燃えるような恋愛の期間もなく
知り合ってすぐに結婚という感じだったそうです。
それなのに、そこまで夫を信じてついていく、というのは
この道しか無い、という覚悟からなのか、昔の人はすごいと思います。
ただ、この年になって私も、そういう覚悟について少し理解できるようになってきました。
好き嫌いの感情は、移り行くもので、どんなに心が動いても
いつかは変っていくものだと思います。
でも、覚悟というのは自分で決める意思ですから、一生添い遂げようという気持ちは
ある種の覚悟なのかもしれません。


コンビニでよく買う物

仕事が終わって家に帰る途中にコンビニがあります。
帰る時間が遅くなったり、今日は頑張ったなぁと思うと自然とコンビニに足が向きます。
そのコンビニで私がよく買う物はデザートやコーヒー系の飲み物が多いです。
デザートは完全にご褒美みたいなもので、大きな仕事が終わった後とかはティラミスやミルクレープなど買って食べてしまいます。
コーヒーは、今日も1日ご苦労様という意味合いで買ってしまいます。こうなると毎日ご褒美があるような状況になっていますが(笑)
でも、今ではコンビニでもおいしいコーヒーはたくさんあります。結構コンビニのコーヒーは好きですので定期的に飲むことも出来ます。
他にもお昼を作る気力がない時もコンビニで済ますことがたまにあります。
その時は明太子パスタやペペロンチーノといったパスタ系をよく買います。
あまりコンビニ弁当ばかり食べるのもよくないと聞いていたので、極力控えるようにはしていますが、たまに利用してしまいます。
コンビニは本当に色々な物が売っていて行くだけでも楽しいと思います。
ほどほどにこれからも利用していきたいと思います。


ごま油おにぎりがうまい!

きのう、職場でお昼休憩にひとりで食堂でぼーっとしながらチキンカツカレーを食べていたら、「お疲れ様です、一緒にいいですか?」と新人の女の子が声をかけてきました。その子は実家から通っているそうで、お母さんが作っている手作りのお弁当を毎日持参しているのだとか。寂しい一人暮らしで冷凍ごはんと冷凍カレーを持参している自分としてはううらやましいかぎりです。

そんな話はおいといて、その子のお弁当におにぎりが入っていたのでなんとなく「おにぎりで好きな味ってなに?」と聞いてみました。ツナマヨとか昆布とか鮭とか明太子とか、要するにコンビニおにぎりとして売られているような定番の具を期待した何気ない質問だったのですが、なんと彼女の返答は「最近は、ごま油ですかね」とのこと。

彼女いわく、ごま油と塩で味付けしてゴマを混ぜ込んだごはんのおにぎりが大好物で、具は何もいらないそうです。ごま油とう返答は想像だにしませんでしたが、確かにちょっとおいしそうですよね。今度試してみるつもりです。


おうちで厚焼きホットケーキ

巷では、厚焼きホットケーキが人気ですね。
型を使ったり、粉に混ぜるものを工夫したりすれば、おうちでもお店に負けないくらいフワフワのホットケーキが出来ますよ♪
☆炊飯器で厚焼きホットケーキ
・ホットケーキミックスの説明書どおりの分量で粉、玉子、牛乳を混ぜる
・底をトントンとして空気を抜き、炊飯器に入れて炊飯ボタンを押す
・炊飯終了後、竹串を刺してみて何もついてこなかったら出来上がり
・生焼けの場合は、炊飯を繰り返す
炊飯器の釜の中で粉を混ぜれば汚れるのは泡だて器だけ、という手軽さも魅力です。
ところで、ホットケーキとパンケーキの違いは何なのでしょう?
「甘いものをホットケーキ、甘みの薄いものをパンケーキと呼び分けている」「厚みのあるものはホットケーキと呼び、厚みの薄いものをパンケーキと呼ぶ」などの説を見つけましたが、明確な違いはないようです。
ちなみに、パンケーキの「パン」はフライパンの「パン」と同じで、平たい鍋という意味だそうです。


アートアクアリウム

金魚について
先日「アートアクアリウム」という、金魚とアートを融合させた催しを観覧してきました。
今年で三回目になるこの展覧会、今年のテーマは「江戸・金魚の涼」とのこと。
5000匹の金魚が様々な方法で展示され、目を楽しませてくれます。
中でも、「大奥」と題された巨大水槽群と、金魚と映像のコラボレーションで魅せる「水中四季絵巻」は圧巻でした。
金魚というのは、フナの突然変異種を観賞用に飼育、交配を重ねて作り出された観賞魚です。
稚魚のときにはフナと同じで黒色をしており、成長するに従って赤色や白色に変化してゆくのだそうです。
成長と共に変化してゆくこともあり、黒色をした金魚が数年経って金色になってしまうこともあるとか。
原産国は中国で、南北朝時代にはすでに飼育されていたものの、養殖がさかんに行われるようになったのは宋代に入ってから。
日本では、鎌倉時代にはその存在は知られていましたが、伝来したのは室町時代。養殖が始まったのは江戸時代でした。


石で作る道路や線路

今日は公園にいってきて子どもと一緒に石で遊びました。
寒くなってきたせいか、時間帯が悪かったのか、その公園には誰もいなかったので子どもと私で一緒に遊びました。
石で道を作って、そこにおもちゃの車を走らせるという遊びです。
プラレールの線路をつなげるのも好きなのですが、やっぱりプラレールの方は形が決まっているのでどうしても線路の形が限られてしまいます。
外で石で作る線路や道路なら自由自在に好きなように作ることができるので楽しさも倍増です。
だんだん私の方が作るのに夢中になってしまっていました。
木の枝で踏切をつくったりして色々な道ができて楽しく遊ぶことができました。
人工的なおもちゃで作ったりするよりも自分で作ったという意識が強く持てたし、子どもにも自然の楽しさを知ってもらえたかと思います。
いつも子どもが友達と遊んでいるのを見守っているばかりですがこうやって一緒になって遊ぶのも楽しくていいなと思いました。
もっと子どもと一緒になって遊びたいと思います。


コンタクトレンズとディスプレイ技術

 最先端のコンタクトレンズは、レンズに映像を映し出すことが可能です。まるで、SF映画のようなコンタクトレンズが現実化されようとしています。まだ研究段階なので、実用化には数年かかりそうです。
 現在の実験は、うさぎの目を利用しています。デイスプレイの大きさは1ピクセル程しかありません。コンタクトレンズには、マイクロアンテナやICチップ、マイクロブルーLEDが内蔵されています。
 動力エネルギーは、環境発電技術を利用して回路を動かします。外部電源から高周波電波をアンテナで受信します。整流回路されたエネルギーをコンデンサに蓄えます。蓄えたエネルギーでLEDを発光させます。
 ワイヤレス電源の供給は、数センチの距離でしか使用できません。距離を伸ばす技術が必要になります。供給電源のワイヤレス距離とディスプレイの画素数の多さが、今後の課題になっています。
 現在のコンタクト型ディスプレイの画素数は、ゲームやトレーニング、聴覚障害者用のアラートに利用できます。ピクセル数が数個増えただけでも、ナビゲーション情報をレンズ表示できるようになります。
 ピクセル数が百を超えれば、短いメールもレンズに表示できます。フルカラーのコンタクト型ディスプレイができれば、自由にコンタクトの色を変えれます。カラーコンタクトとしても利用できます。
 レンズのカラー濃度を調節して、サングラスとしても利用できるかもしれません。
しかし、このようなコンタクトは目の健康的にはどうなんでしょうかね。
ぜひ使ってみたいですが、度ありもあるのかな。
私は目が悪いので、度数が入ったものをぜひ開発してほしいです。
コンタクトレンズ度数(PWR/D/SPH)とBC(ベースカーブ)・DIAの見方


高校野球出場49校が決定

日本の夏の風物詩といえば花火やお祭りが欠かせませんが、高校野球だって忘れるわけにはいきません。今年もいよいよ来月8日から15日間に渡って、全国の激戦を制してきた高校球児たちが甲子園球場にて熱い試合を繰り広げます。

というわけで、今日は第95回全国高校野球選手権大会に出場する49校がすべて出揃いました。

 

ところで、皆さんは高校野球を実際に甲子園球場でご覧になったことがありますでしょうか。私は何度かあるのですが、とにかく「暑い」。このひと言に尽きます。

銀傘がある席であればまだましですが、無料で入れるアルプスは灼熱地獄。正午を回ったころの試合となれば、もはや肌が痛いレベル。ジリジリと日光で皮膚が焼けていくのを実感できますよ。

熱中症対策と日焼け対策をしていなければ、翌日にかなり大変なことになります。ぜひ万全の準備をしてからお越しください。そして、訪れた暁には、ぜひとも甲子園名物の焼き鳥を食してお帰りください。

ちなみに、かちわりは、普通の氷です。普通の氷なのに、バカ売れです。

 


なんだかんだで食べたくなる朝マック

先週末はいったい何カ月ぶりかと思うほどひさしぶりにマクドナルドの「朝マック」を食べました。この日は大学時代のサークル仲間と朝早くから釣りに行ったのですが、ついつい前日の飲み会がたたって寝坊してしまったのです。大急ぎで着替えて友人の迎えに間に合わせるのが精いっぱいだったので、同じく朝食をとっていなかった友人の提案でマクドナルドに寄り、ドライブスルーでソーセージエッグマフィンの朝マックセットを購入しました。

 

最近は業績が悪化しているとか社長が迷走しているとか、何かとお騒がせな存在のマクドナルドではありますが、子どものころからファストフードの代表格だからかどうにもこうにもしばしば無性に食べたくなってしまいます。とくに朝しか食べられないソーセージエッグマフィンは、はじめて食べた学生時代からのお気に入りです。

 

そういえば、マクドナルドのメニューから消えてきた「スマイル」が復活するという噂を耳にしました。めちゃくちゃなつかしいですね。この歳になると注文するのも恥ずかしいですが、本当に復活したらおもいきって数十年ぶりに頼んでみたいものです。


最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー