通販【激安価格】比較navi | キャンペーン・オンラインニュース

動物病院の選び方で気をつけるべきことは?

動物病院を選ぶというのはとても迷うものです。大切なペットの命を預ける場所ですから当然です。

では、動物病院を選ぶ時、どんな事を重視していますか?

 

多くの飼い主さんが家の近くにの動物病院を選ぶ場合が多いと思います。確かに、それも1つの大切な要素です。

かかりつけの動物病院が家の近くにあるという事は、いつどんな時ペットに異変が起こってもすぐに駆け込めるので安心です。もちろん、予防接種などの基本的な治療の場合には近所の動物病院でも良いでしょう。

しかし、大切なのはその動物病院に他の動物病院とのパイプがあるかどうか、という事なんです。

 

動物病院というのは、基本的にはどんな症状も1人から2人の獣医師で診察します。そのため、知識の深いものもあれば浅いものもあるんです。人間の病院では、内科・外科といったように各部位ごとに病院も分けられています。

しかし、すべての病気を治療しなくてはならない獣医師は、自分の不得意な症状である場合、その症状を得意とする他の動物病院を紹介する義務があります。しかし、無理をしてでもすべて自分一人で行おうとする獣医師も少なくないんです。

 

それは患者であるペットにとって何のメリットもありません。なにより、動物の事を考えれば確実に治療できる動物病院に任せるのが当然なんです。


ペットのための動物病院の選び方と病気の予防

・ペット病院について

人間が病気にかかったときには病院に行くのが当たり前ですが、最近ではペットの場合も同様になっています。

「大切なペットには長生きして欲しい」というのが、飼い主みんなの願いでしょう。

ペット病院はそれをサポートするために存在しています。

業務内容としては一般の病院とさして変わらず、各種検査(俗に言うワンニャンドッグ)や感染症予防のワクチン接種を行い、病気のペットには治療を施します。

 

・病気の予防のために

人間同様、ペットの場合も病気の予防・早期発見が大切です。

最近では生活習慣から病気になるペットも少なくないので、屋内飼いであっても適度の運動をさせ、与える食事の量にも気を遣いましょう。

病気の早期発見のためには、ペットとのスキンシップがかかせません。

ペットのことをよく見てよく触って、いつもと違うところがないかどうかチェックしましょう。

それでも全ての病気をフォローすることは不可能ですので、最低でも年に一度はペット病院で検査を受けさせることをお勧めします。

 

・ペット病院の選択に関して

定期検診・ワクチン注射・去勢/避妊手術等の簡単なものであれば、最寄りのペット病院で十分ですが、難しい手術になると獣医師の得手不得手や設備の充実度などが影響してきます。

また、料金設定も各病院で大きく異なっているのが現状です。

ペット病院の選択はよく考えて行いましょう。

とはいえ、外からでは判断しきれない部分もありますので、まずは気軽に相談に行ってみると良いかと思います。


犬・猫のための動物病院の選び方

ペットを飼う上で絶対に避けられないもの・・・それは病気や怪我。そして必ずお世話になるのが獣医さんです。

ペットを飼う事になったら、まず探さなければならないのは犬猫のための動物病院です。

どんな動物病院を選べばよいでしょう?

まず、家の近くの犬猫病院をチェックしましょう。近所の人に聞くのも一つの手です。獣医さんとの相性もありますので、いくつか行ってみても良いでしょう。

ただ、ペットが急病になり、家の近くの犬猫病院で対処できない場合もあり得ますので、その時に備えて施設が整い、獣医さんやスタッフが多く、医療設備も充実している、夜間診療・年中無休等の、大きな犬猫病院もチェックしておきましょう。

 

犬猫病院の診察

問診、視診、触診、聴診、検温、身体検査が主な診療内容な所が多いでしょう。

通常の診察で治療が不可能な場合は、入院や時には手術する事もあります。

 

それから大切なのは定期健診です。

定期検診で早期に病気が発見されれば、治療も早く、死亡率の高い病気でも治癒が可能です。

病気も小さいうちに治療できれば、かかる費用も時間も少なく済みますね。

大切なペットを健康で長生きさせるには、年1度犬猫病院での定期検診は忘れずに行いましょう。

 

ペットのしつけについて

犬の祖先はオオカミです。元来群れを成す動物なので、家族を「群れの仲間」として見ています。

犬は色々な知性と能力があるので昔から人間のパートナーとして暮らしてきています。

しかし、可愛がりすぎて犬を優位に立たせてしまうと、自分が群れのトップだと思い、言う事を聞かなくなります。

お互いにより良い暮らしをする為にも、しっかりとしつけてあげる必要があります。

 

猫は犬とは違い、自分の必要な時にしか人間には寄り付きません。基本、自由気ままなのです。

むやみに触ろうとすると嫌がれることが多いですよね。

猫は人間の命令を聞く事はほぼないので、そういう性分を分かった上で飼うことが一番です。

但し、基本的なトイレや爪とぎなど、人間にとって困る行動は子猫のうちからしっかりしつけましょう。猫は現行犯時に叱らないと分かりません。中途半端に叱ると猫は何故叱られているのか分からないので、ストレスになってしまいます。

犬も猫も、可愛いからと言って甘やかし過ぎず、「悪い事は悪い」と、きちんとしつけられる飼い主になりましょう。

犬猫病院では、マナ−やしつけについての冊子がおいてある所もあります。

その他にも、しつけ教室など行っている犬猫病院もありますので、色々調べてみましょう。


最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー