通販【激安価格】比較navi | キャンペーン・オンラインニュース

私が一番好きな映画『I am Sam』

主人公のサムは知的障害を持ち、IQは7歳程度です。
一人娘のルーシーと二人で暮らしています。
娘のIQがサムを追い越した時、州のソーシャルワーカーから
サムが1人で子どもを育てる能力が無いと判断されてしまい
2人は引き離されることになりました。
サムは、優秀な弁護士を雇って、裁判に訴えます。
というようなあらすじですが、私はこの映画を見て
子育てする上での、親としての自信とは何か?ということを考えました。
サムは娘が7歳にして既に学力は追い抜かれてしまいます。
けれども、サムは自分を追い越して成長していく娘を誇らしく見つめます。
親として、してあげられないことはたくさんあるけれども
ただ1人の親として、子どもを見つめる眼差しは、愛情に溢れています。
サムのように、障害を持っていなくても、誰もが親として完璧ではない
ということを自覚する瞬間はあるのではないでしょうか。
そんな自分のふがいなさ、限界を自覚しつつ、
自分を超えて成長していく子どもを見守っていく役割が親なのかなと
この映画を見て、考えることができました。
また、この映画のもう一つのメッセージは、誰も1人で子育てはできない
ということだと思います。
あまり詳しく書くとネタばらしになってしまうのであれですが、
サムの周りにはサポーターがたくさん現れます。
子どもを持つ親はもちろん、これから持ちたい人も見ていただきたい映画です。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed