通販【激安価格】比較navi | キャンペーン・オンラインニュース

コンタクトレンズとディスプレイ技術

 最先端のコンタクトレンズは、レンズに映像を映し出すことが可能です。まるで、SF映画のようなコンタクトレンズが現実化されようとしています。まだ研究段階なので、実用化には数年かかりそうです。
 現在の実験は、うさぎの目を利用しています。デイスプレイの大きさは1ピクセル程しかありません。コンタクトレンズには、マイクロアンテナやICチップ、マイクロブルーLEDが内蔵されています。
 動力エネルギーは、環境発電技術を利用して回路を動かします。外部電源から高周波電波をアンテナで受信します。整流回路されたエネルギーをコンデンサに蓄えます。蓄えたエネルギーでLEDを発光させます。
 ワイヤレス電源の供給は、数センチの距離でしか使用できません。距離を伸ばす技術が必要になります。供給電源のワイヤレス距離とディスプレイの画素数の多さが、今後の課題になっています。
 現在のコンタクト型ディスプレイの画素数は、ゲームやトレーニング、聴覚障害者用のアラートに利用できます。ピクセル数が数個増えただけでも、ナビゲーション情報をレンズ表示できるようになります。
 ピクセル数が百を超えれば、短いメールもレンズに表示できます。フルカラーのコンタクト型ディスプレイができれば、自由にコンタクトの色を変えれます。カラーコンタクトとしても利用できます。
 レンズのカラー濃度を調節して、サングラスとしても利用できるかもしれません。
しかし、このようなコンタクトは目の健康的にはどうなんでしょうかね。
ぜひ使ってみたいですが、度ありもあるのかな。
私は目が悪いので、度数が入ったものをぜひ開発してほしいです。
コンタクトレンズ度数(PWR/D/SPH)とBC(ベースカーブ)・DIAの見方

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed